フェイシャルエステについて

美容外科とサロンでの施術の違いとは

フェイシャルエステはエステサロンや美容外科で行われています。どちらの場合でもお肌の状態に応じてフェイスケアを行ってもらえるので自分で行っているスキンケアよりも美肌効果は期待できます。そこで、どちらでの施術がよいか迷うケースがありますが、サロンと医療機関では使用できる機器や手法が異なってしまいます。サロンでは医療機器は使用できず、強い刺激を与えられないためマイルドな施術となります。一方、美容外科では医療機器が利用でき出力が上げられるので比較的強い治療を行なうことができます。

美容外科でのフェイシャルとは

美容外科で行われる主なフェイシャルメニューにはフォトフェイシャルやレーザーフェイシャル、ケミカルピーリングやイオン導入などがあります。フォト、レーザー共に医療用の光をお肌に照射してシミを治療していきます。レーザーでは単一波長を、フォトでは広域波長を照射します。その結果、レーザーでは高エネルギーでの照射となり1度でシミへの効果が期待できますが、かさぶたが出来てしまいます。一方、フォトはそれほどエネルギーが強くなく、かさぶたはできませんが即効性はなく、継続して治療することでシミだけでなく薄いくすみやそばかすにも効果が期待できます。

フォトフェイシャルとレーザーフェイシャルの違い

レーザーの場合は単一波長の光のためそれぞれの波長によって何に効果があるのかが異なってきます。ですから1台のレーザーでシミを改善してかつコラーゲン生産を促進して張りも出したいというようなことはできません。それぞれに得意な波長を照射できる機器が必要となります。一方、フォトは単一波長でないために色々な肌質改善効果が期待できます。しかし様々な波長の出力を上げてしまうと肌に負担がかかるためレーザー並みに出力を上げることができずマイルドな効果となってしまいます。ですから、ピンポイントの効果を期待したいのであればレーザ、マイルドに様々な効果を期待したいのであればフォトフェイシャルを選ぶことになります。

人気の恵比寿の美容外科を探すためには一回、カウンセリングを受けることをお勧めします。カウンセリングの対応がいいかどうかで人気の美容外科かどうかを知ることができます。