理想のバストに!簡単なバストアップの方法

とにかくマッサージが大切

体が急に痩せたり、太ったりすることがないことと同じように、バストも急に大きくなるわけではないですよね。バストアップするためには、毎日地味に努力することが一番効果的でしょう。まず、マッサージですが、適当ではなく、しっかり背中に流れたバストを戻すようにしましょう。さらに、お腹の上あたりから、バストに持ち上げるように流します。無理にすると肌が傷ついたりするので、オイルや、クリームを使うと滑りもよくなりますよ。

お風呂の中でもマッサージ

お風呂の湯船に浸かっているときは血流もよく、リンパを流しやすい状態にあるので、バストアップの効果が高まりますよ。指先ではなく、手を丸く握った状態で背中からサイドに流したり、脇の下からバストにかけて強めにマッサージしてもお湯がカバーしてくれるので、荒れることもあいですよ。湯船に浸かることが少ない場合はお風呂上がりの15分以内ならバストアップのマッサージ効果は効き目があるようですね。続けることが大切ですよね。

就寝前にボディチェック

寝ている間が一番バストが成長することを知っていますか。大きく成長できやすいように、ストレスフリーになっているか、バストアップの妨げになっているところはないかチェックしましょう。下着をつける場合でもぴったりすぎず、できるだけワイヤーがないタイプがいいでしょう。締めつけが強すぎるとバストも成長できないようですね。下着をつけない場合は形の崩れを防ぐために、カップがついているキャミソールなどを着るといいですよ。

胸を大きくするには、大胸筋という筋肉を鍛えるようにしましょう。大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せの他に、胸の前で右手と左手の手のひらを合わせ、強く力を入れると大胸筋を鍛えることができます。